『せどり』のはじめかた

こんにちは、いっちーです。

せどりからはじめて今では1日2時間の作業で毎月安定して50万円をかせげるようになりました。

詳細が気になる方はこちら

ここではせどりのはじめかたを簡単に説明します♪

せどりとは

せどりとは、一言でいうと「転売」です。

家電量販店やスーパー、リサイクルショップ、インターネットのお店などで商品を購入して、利益を乗せて販売することです。

近年ではマスクや人気のゲーム機などの買い占め行為などでマイナス方向ですが、話題になりました。

が商売としては古くからあるもので、違法でも何でもありません。

「安く仕入れて高く売る」という商売の基本が学べる初心者にオススメのビジネスです。

せどりの基本

先に書いた「安く仕入れて高く売る」ことが基本であり、すべてです。

注意点としては、販売する場所によって違う手数料と商品を配送するための配送料がかかることです。

「販売価格」=「販売手数料」+「配送料」+「仕入れ価格」+「利益」

例えば、「ある商品A」が5000円で販売できました。

販売したのは、メルカリで、手数料は10%なので、5000円×10%=500円。配送料は1000円。

仕入が2000円だと、

5000円=500円+1000円+2500円+利益

利益=5000円ー500円ー1000円ー2500円=1000円

1000円の利益となりますね(^^)

販売手数料は使うサイトやカテゴリによって違いますし、配送料も商品のサイズや配送業者、方法、場所によっても変わりますが、イメージしていただければOKです。

せどりのはじめかた

さて、せどりのはじめかたなんですが、

やり方は無数にあり、売る場所、買う場所、扱う商品もさまざまです。

はじめは僕のおすすめの方法からお伝えしますね。

まずは「売る」ことから始めよう!

利用したことがある方はわかると思いますが、早く簡単に売ることができるのは、「メルカリ」などのフリマサイトや「ヤフオク」を代表とするネットオークションです。

アカウントを作れば数分で出品できます。

最初は不用品を出品して、販売の経験をしてみましょう。

いらなくなった本や服、使わなくなった子どものおもちゃや家電製品などなんでもOK。

ポイントは同じ商品、似た商品で売り切れのものを探すこと!

初心者がつまづいてしまう一番の原因は「わからない」ということです。

すでに売れている商品の画像や文章をマネしてみましょう。

(コピペでも大丈夫ですが、状態は違いますので多少変えた方がいいです)

詳しいやり方は各サイトにすごく丁寧に説明してくれています。

価格設定も基本的に売れている価格に合わせてみましょう。

ここは「売る」という経験をつけるので、欲張らず、安めに設定してください。

(特に最初は評価がゼロスタートなので、購入者の気持ちになれば、評価がない人からいきなり高額なものは買いにくいですよね。)

手数料と送料分は必要なので、マイナスにならないようにはしてください(500円で売って送料が1000円かかるとかにならないように笑)。

フリマサイトでは、よりカンタンに出品、販売ができるよう、配送もカンタンにする方法が用意されています。特にこだわりがなければ利用するといいです。

商品を仕入れてみよう

次は、商品を仕入れて販売してみましょう。

どこから仕入れていいかわからない、何を仕入れていいかわからない!となるかもしれません。

ここで「○○にはいい商品があるよ」とか「△△は利益が出るよ」と具体的なことを言っても、同じものを同じような金額で扱う人たちが増えると、手に入れにくくなったり、値下げが起こり、利益がでなくなることが多いです。

なので、ヒントとして、セールや処分品として販売されている商品やリサイクルショップで販売されている商品にせどりできる商品が多かったり、見つかりやすかったりします。

今では、単純に価格差だけでなく、例えば、楽天市場などのショッピングモールでのポイント還元や電子マネーのキャッシュバックなども利用するとより簡単に見つかるかもしれません。

具体例で説明してみますね♪

前述の「ある商品A」が、楽天市場で5000円で販売されており、購入すると50%分のポイントが付くとすると、

「販売価格」=「販売手数料」+「配送料」+「仕入れ価格」+「利益」

5000円=500円+1000円+5000円+利益

利益=5000円ー500円ー1000円ー5000円=-1500円

に5000円×50%=2500ポイントが入ると、

利益=-1500円+2500ポイント=1000ポイント

ということで1000ポイント=1000円分の利益と考えられます。

注意点としては、このままだと実際のお金は、マイナス(赤字)なので、このポイントを次回の仕入れに回すことではじめて、お金としてもプラスになります。

これが、ポイントを利用したせどりの考え方です。

注意してほしいこと

これまでで不用品販売から始めて、実際に販売する商品を仕入れて販売できたかもしれませんね。

ここで、これからビジネスとして、商売として、せどりをやっていこうと決意した方への大切なお願いがあります。

それは、「法律を守る」ということです。

購入する側を守る為に、日本には数々のルールや法律があります。

扱う商品やジャンルによって色々な資格や認可が必要なのですが、非常に細かくなるので、ここではすべてをお伝え出来ません。個人的に気を付けてほしいことをお伝えさせていただきます。

古物商許可の取得

せどりは、古物商の許可が必要になります。管轄の警察署からの許可を得ずに行うと古物商法違反になってしまいます。

ただし、あくまでも「商売として継続的に利益を出す場合」に必要となるので、不用品を処分、販売する程度は大丈夫です。

明確な基準がないので、商売と思われる規模(金額、数量)に達していると思う場合は、すぐに取得しましょう。

詳しくは、管轄の警察署の窓口、もしくは電話などで古物商許可を取得したいと伝えれば、担当の方が対応してくれますので、指示に従いましょう。

海外からの輸入品について

こちらもサクッと説明すると、海外からの輸入品には国内で許可されていない成分や商品があるため、薬機法や食品衛生法などの法律に触れてしまう場合があります。

扱う商品やジャンルによっても、関わる法律は変わってきますので、具体的な説明は出来ませんが、不安な時はよく調べることをおすすめします。

偽物の商品の販売について

偽物の商品を取り扱わないこと、有名ブランドの偽物といえば、洋服やバッグ、アクセサリーなどのイメージが強いかもしれませんが、今はあらゆるジャンルに出回っています。

雑貨やフィギュア、おもちゃなどにも出回っているので、気を付けてください。

ネットオークションやフリマでもよく出ているので、注意が必要です。中には偽物だと出品している本人もわかっていない場合があるそうです。

「怪しい」ものには触れない!これも大切です。

まとめ

「せどり」が副業や起業の一つとして人気が高い理由は、「再現性の高さ」「即金性」「参入しやすい」といった3点が魅力です。

イメージとしては、販売業というより物流業だと考えるといいかもしれません。

人が多く集まる場所へ商品を移動させることで、商品が見つかり、必要としている人へ届けるという物流のプロセスの一端を担っている感じです。

その移動の手間賃として、差額を頂いているというイメージだと分かりやすいと思います。

詳しいやり方やノウハウはまた別に用意させていただくつもりです。

今回は、せどりや転売についてのカンタンな説明でした(^^)

僕が1日2時間で毎月50万円を稼げるようになったキッカケは

詳しくはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です